不用品回収のその後 | 回収された不用品はどうなる?

不用品回収業者は、毎日たくさんの不用品を回収しています。

不用品回収を業者に依頼する方からたまに聞かれるのが「回収された不用品はその後、どうなるのだろう?」という疑問です。

悪徳不用品回収業者の噂を聞いて「もしも自分が回収を頼んだ不用品が、その辺りに不法投棄されていたら自分も責任を負わされるのでは?」と不安に思われる方もいるでしょう。

 

そこで今回の記事では、“優良な不用品回収業者が回収した不用品は、その後どうなっているのか”取り上げました。

第一に必要なのは回収した不用品の正しい分別

ゴミを分別するイメージ

不用品回収業者は、生ゴミや医療系廃棄物など、それぞれの業者で「回収不可」とされている不用品以外、基本的に何でもまとめて回収します。

ただし”まとめて回収”はしても、”まとめて処分”するわけではありません。

まとめて回収した不用品を適正に分別し、適正に処分することが不用品回収業の常識です。

まず不用品回収業者が分別するのは、「リサイクルする物」と「リサイクルしない物」です。

以下で簡単に、リサイクルする不用品・できない不用品のその後について説明しました。

リサイクルできる不用品とリサイクルできない不用品のその後

リサイクルイメージ

まずは、不用品回収業者が回収を行った、”リサイクルできる不用品がその後どうなるのか”、そして”リサイクルできない不用品はその後どうなるのか”について、以下で触れていきます。

リサイクルするのは紙や鉄、リサイクル品目に該当する家電

不用品回収業者がリサイクルするのは、ペットボトルなどのプラスチック類(中の液体の回収は不可)鉄くずなどです。それぞれ専門のリサイクル機関があるので、そこへ該当する不用品を引き渡します。

 

また、不用品回収業者は家電リサイクル法で”リサイクル品目”に指定されている家電の回収も行いますが、これらも独自で処分しているわけではありません。

  1. テレビ
  2. エアコン
  3. 冷蔵庫(冷凍庫)
  4. 洗濯機(乾燥機)

上記が、リサイクル品目に指定されている家電製品です。

一般的な不用品回収業者は、回収したリサイクル品目を、市が定める指定取引所に代わりに持って行く役目を持ちます。

ただし回収したリサイクル品目が買い取り可能な場合は、業者が買い取りを行い、ユーズド市場へ流されていきます。

 

⇒ リサイクル品目に指定されている家電製品について詳しく知りたい方はコチラ
※「意外と知らない不用品のリサイクル料金 | 福岡の場合」のコラムへリンクしています。

リサイクルしない不用品は買い取り可能か不可能か判断

買い取りできる不用品イメージ

紙や鉄くず・リサイクル品目に該当する家電以外の不用品は、不用品回収業者が見積もり時に審査して買い取りが”可能”か”不可能”か、その2種類に分別されます。

買い替えて間もない家電製品やブランドものかつ使用感の無い家具などが、”買い取り可能”と判断されることが多いです。

  • ユーズド業者(リサイクルショップなど)へ販売
  • インターネット上で販売
  • 海外へ向けて販売  …etc

買い取りされた不用品は、上記のようなルートで流れていきます。

買い取り金額は、不用品回収料金から差し引くことができるので、優良な不用品回収業者はできるだけ買い取り可能な不用品がないかどうか探してくれます

 

買い取りが不可能、つまりゴミになる物は、不用品回収業者が最後まで責任を持って処分しに行きます。

地域ごとに集積センターがあるため、そこへ持ち込まれることが一般的です。

不用品回収業者によっては、”売り物にはならないけれど、まだ使えそうな物”を、難民キャンプや児童養護施設へ寄付していることもあります。

回収した不用品がその後どうなるのか、教えてくれない業者は危ない?

不法投棄イメージ

回収した不用品はその後どこへ行くのか、明確に教えてくれない不用品回収業者がすべて悪質とはいいませんが、信用度が低いということは十分に考えられます。

  • 買い取りしてもらったのはありがたいけど、違法なルートで売買されているのでは?
  • リサイクル品目に指定されている商品を買い取りしてもらえたけど、どこへ持って行くの?

複数の不用品回収業者があり、どこの業者に頼むか悩んでいる場合は、上記のような不用品の行方”に関する様々な疑問にきちんと答えてくれる不用品回収業者に依頼したほうが、安心度は高いです。

不法投棄や不正請求など、トラブルを引き起こす悪質不用品回収業者を避ける手段にもなるため、回収された不用品がその後どうなるのか、業者に聞いてみるのはいいことです。

 

⇒ 悪質な不用品回収業者を見抜くためのポイントを知りたい方はコチラ
※「福岡で失敗しない不用品回収業者の選び方」のコラムへリンクしています。

“不用品のその後”を教えてくれる不用品回収業者に依頼しよう

まごころイメージ

  • リサイクルする不用品としない不用品に分ける
    リサイクルする不用品はそれぞれの専門施設へ渡す
  • リサイクルしない不用品を買い取り可と不可に分ける
    買い取りできる不用品はそれぞれに適した市場で販売される
  • 買い取りできない不用品は業者が責任を持って処分する
    地域の処分場へ運んだり、寄付したりする

不用品回収業者がまとめて回収した不用品がその後どうなるのか、簡単にまとめると上記のようになります。

燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミ・リサイクル品目などを、不用品回収業者はまとめて回収することが可能ですが、処分には意外と手間をかけているのです。

 

当社「福岡片付け隊」の敷地内に、知らない大量の不用品が置き去りにされていることもあったので、不法投棄を常習している不用品回収業者は想像より多いのかもしれません。

そうした悪質な不用品回収業者に不用品回収の依頼をして、後々トラブルに巻き込まれることがないように、回収した不用品の行方について聞いておくことをオススメします。

 

当社「福岡片付け隊」は福岡のゴミ処分ルールを遵守し、福岡で最安クラスの料金を実現するために買い取り査定もしっかり行っているため、安心して不用品回収作業をお任せいただければと思います。

福岡で不用品回収を依頼するなら福岡片付け隊にお任せください。