実家の片付けで知りたいこと | タイミングと手順と業者の活用

実家の片付けイメージ

「空いている実家の片付けを済ませないと……」と思ったのはいいものの、大変そうなのでなかなか重い腰が上がらないというのは、実家を引き継いだ方によくある悩みです。

 

  • 空いている実家を片付けるタイミングって?
  • 実家の片付けってどこから手を付ければいいの?
  • 実家まで遠くて通うのが大変!

今回の記事では、上記のようなお悩みにお応えしていきたいと思います!

空いている実家の片付けは思い立った時がタイミング

片付けの予定イメージ

実家を売却するつもりがしばらくないなど、後に差し迫った予定がない時期こそ、自分の都合に合わせて実家を片付けするチャンスです。

 

「実家はどうなってるかなぁ、中の様子を1度見ておいた方がいいかな……」と考え出したタイミングが、片付けにベストなタイミングだと言っても過言ではないでしょう。

特に、親族数人で集まって実家の片付けに踏み切る場合は、早めに予定を合わせることがポイントになります。

 

自信も年齢を重ねているなど、体力に自信がない場合は、真夏や真冬に片付けるのではなく、春・秋など動きやすい季節まで待つことも、1つの方法です。

片付けせずに放置しておくと不法投棄のターゲットにされる可能性がある

不法投棄のイメージ

「面倒だし、片付けしなくても大丈夫かな?」と思ってしまうことはNGです。

 

長く人が入った気配がない、荒れた雰囲気が分かる空き家は、悪い人に不法投棄場所のターゲットにされる可能性があるからです。

さらに、不法投棄物の多い空き家は、不審火が起こるリスクも高いため、最悪の場合は火事で実家を失うことにもなりかねません。

 

また、衛生上の観点からも決してよくないでしょう。虫がわくなどして、実家の付近にお住まいの方に迷惑をかける可能性が出てきます。

 

面倒だからと実家の片付けの予定をどんどん先伸ばしにしてしまうと、さらに埃などが溜まっていくことが予想され、なおさら片付けに踏み切りづらくなります。

できる限り放置はせず、自分で片付けをやろうと思えるうちにやってしまうことが、理想的ではありますね。

実家の片付けは何から手を付けるべき?

片付けに悩むイメージ

実家の片付けを、両親がお元気な間に行う場合は、捨てる物と捨てない物を教えてもらえば大変効率がいいですが、必ずしもその方法を取れるとは限りません。

意思疎通が図れない状態であったり、すでに死別されているケースも多くあるでしょう。

 

そんな時は、実家に残された大量の物を見て、途方に暮れてしまうかもしれません。

しかし、落ち着いて順序だてて動けば、必ず実家の片付けは終わります

 

物がいっぱいの実家の片付け、どこから手を付ければいいのか、まずは何をすればいいのか分からない時は、以下の情報を参考にしてみてください!

  1. 片付ける部屋をリストアップする
  2. 通路を確保する
  3. 大きな家具や家電を片付ける

 

1.片付ける部屋をリストアップする

実家が広く、部屋数も多く、本当にどこから片付ければいいか悩む時は、まず片付ける部屋を1つずつリストアップして、頭の中を整理してみるといいでしょう。

行き当たりばったりで片付けを進めてしまうと、途中で片付け前よりも部屋が散らかってしまうタイミングができ、作業が滞ってしまいがちなので、1部屋1部屋片付けていくイメージを持たれるのがいいかと思います。

2.通路を確保する

大きな家具や家電を片付ける前に、実家の廊下などの通路の確保が必要です。

大きな家具や家電の運び出しが早く進めば、その分片付け完了までのスピードが早くなります。

また、できるだけ通路スペースを広く取り、動きやすくすることは、身体へ負担の軽減にもつながります。

ということで、通路の行き来を妨げている物があれば、優先的に片付けていきましょう。

3.大きな家具や家電を片付ける

こまごまとした物を片付ける前に、要らない大きな家具や家電を片付けてしまった方が、作業スペースが広がり、心にも余裕が生まれます。

タンスなど収納家具を処分する場合は、貴重品などが紛れていないかどうか、念の為さっと全ての引き出しを確認しておくといいでしょう。

 

ちなみに、かつての自分の部屋の片付けをする場合、自分の物だから躊躇なく片付けられるという方もいれば、思い出に気を取られて逆に時間がかかってしまうという方もいます。

後者の方は、アルバムなどを広げる時間はほどほどにして、頑張って作業を進めましょう!

実家まで遠くて行くのが大変な場合の片付け方法

不用品回収業者のイメージ

現在暮らしている家と実家の距離が近く、こまめに通うことが負担ではない場合もあれば、そうでない場合もありますよね。

例えば、”福岡から大阪”、”福岡から東京”というように住まいが離れている場合は、実家の片付けに時間をかけている余裕はなく、できれば1回の往復で済ませたいとお考えの方も多いでしょう。

 

そのような場合は、身内だけで片付けを済ませるのではなく、第三者に依頼をすることも視野に入れるといいです。

実家の片付けにおける第三者というのは、不用品回収業者遺品整理業者です。

 

自分たちだけで実家の片付けにあたる場合よりも、費用はかかってしまいますが、作業スピードは段違いに早いです。

  • 運び出しをスムーズにしてくれる
  • 不用品の処分のルールが分からなくてもいい(業者が把握しているため)
  • 買取可能な物を買い取ってくれる
  • リサイクル処分しないといけない不用品を処分してくれる

不用品回収業者や遺品整理業者に実家の片付けを依頼するメリットには、上記が挙げられます。

 

特殊清掃が必要なケースなどでない限り、即日で実家の片付けを終わらせることも可能になるのです。

 

当社「福岡片付け隊」では、お客様のご希望で、作業当日の立ち会いは無しで作業をさせていただくことも多いです。

貴重品や思い出の品だけ、あらかじめ何かの機会で取っておいていただければ、後は要らない物を運ぶだけだからです。

 

お客様に手伝ってもらわないといけないことはほぼ無いですし、ホコリもたってしまうので、作業当日にお客様に来ていただく必要がないなと判断した場合は、こちらから提案させていただくこともあります。

実家の片付けは1人で抱え込まないで相談しよう

お問い合わせイメージ

この記事で取り上げたようなことで悩まれている方は、実家の片付けの大変さを1人で抱えていることが多いです。

 

例えば、実家がほぼゴミ屋敷状態まで散らかっているのに、自分1人で何とかすることはほとんど不可能です。

できたとしても、体や心に大変な負担がかかってしまいます。

 

「生まれ育った大切な実家だからこそ、自分が何とかしたい!」という気持ちは分かりますが、無理は禁物です。

大変そうだなと思ったら、他の家族・親しい知人、そして片付け専門業者に相談してみてください。

 

気持ちが軽くなり、実家の片付けに前向きに取り組めますよ!

福岡で空き家の片付けに困ったら福岡片付け隊にお問い合わせください!