家具や家電などの不用品を処分するにあたって、不用品回収サービスの業者に依頼すると、どのようなメリットとデメリットがあるのか。ご紹介させていただきます。

不用品回収業者を利用するメリットとは

回収の日程調整ができるので、急なスケジュールでも大丈夫

自治体の回収では、粗大ゴミの回収日は決まっていますし、月に1回などと頻度がすくないです。そのため急に不用品の処分が必要になった場合などは、対応に困ります。

しかし、不用品業者なら

  • 希望通りの日時に回収にきてくれる
  • 急いでいる場合は即日の回収も可能な場合がある
  • 回収日のスケジュールの都合が悪くなった場合には、気軽に日程変更ができる

不用品回収業者の場合は、こちらの都合に合わせたスケジュールで不用品の処分ができるというのは、とても大きなメリットになります。とくに引っ越しの日程が迫っていて、急いで不用品を処分する必要がある場合などは、とても役に立つでしょう。

福岡片付け隊の即日回収サービスはここでチェック

自治体では回収していないリサイクル家電やパソコンも回収してもらえる

テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機などのリサイクル家電は、家電リサイクル法によりリサイクルが義務づけられているため、自治体の粗大ゴミでは回収してもらえません。これらの処分は、買い換える電気屋や購入した電器屋、福岡の場合はベスト電器などに依頼して、回収してもらわないといけないため、自治体の粗大ゴミの回収とは別の手続きになっていまいます。

その分だけ手続きの手間も2倍になってしまいます。また、パソコンも自治体では回収対応していないケースがほとんどで、この手続きはリサイクル家電の手続きとはさらに別なので、大変です。

そんなときに不用品回収サービスを依頼すると、家具やその他の家電類、またゴミなどと一緒にリサイクル家電やパソコンも全部まとめて回収してもらえるため、作業が1回で済みます。

不用品を買い取ってもらえるケースがある

不用品回収サービスは、買取りサービスをいっしょにやっている場合が多く、状態のよい家電品やブランド家具などは買い取ってもらえるケースもあります。その場合は、不用品回収料金かと買取り金額が相殺されたり、買取り金額のほうが高かった場合は、買取り金額をもらえるなど、とてもお得に不用品を処分することができます。

ヤフオクやメルカリなどで、個人的に販売するにしても、登録ややりとりがめんどくさいことが多いので、不用品回収ついでに買い取ってもらえるのは、とても楽でメリットだといえるでしょう。

自宅からの不用品搬出作業をやってくれるので楽に不用品を処分できる

大型の家具などを自治体の粗大ゴミで出す場合は、家から指定された場所まで家具を搬出しなければいけません。家の横などが多いですが、ベッドや大きなタンスは部屋から出すのが困難であり、場合によっては分解が必要なことなどもあるので、素人だけではとても大変な作業になってしまうこともあります。

大量のゴミを1回ですぐに処分できる

ちょっとだけのゴミだったり、粗大ゴミも一つだけだと、それほどの労力にはなりません。しかし、多くの粗大ゴミがある場合は、それら全てを家から出すのもやはり大変な作業ですし、高齢な方や女性だけではとくにその負担が重くのしかかってしまいます。

それに対して、業者に不用品回収を依頼した場合は、家まで回収のプロがやってきてくれて、家からの不用品の搬出もぜんぶやってくれます。そのため、とても楽に不用品を処分することができますし、かかる時間もプロの仕事ですぐに終わるので、時間の節約にもなります。

部屋の破損を予防できる

また家からの不用品搬出作業をやってくれるということは、自分たちで大型の家具や家電を家から出すときにやってしまいがちな、部屋の破損を防ぐことにもつながります。

うっかり、壁にものをあててしまったり、落として床にキズがついてしまったりということは、賃貸物件などのときには、引っ越しのときには修理料金を請求されることにもなりかねないので、不用品回収業者に依頼してそれを防ぐことができるのも大きなメリットといえるでしょう。

遺品整理などの特殊なケースにも対応できている

不用品回収業者は、遺品整理などに対しての確かな経験をもっている業者もあります。親が亡くなり、残したものを整理して、不用品は処分しないといけない場合などは、どこから手をつけてよいかがわからず、途方に暮れてしまうこともあります。このようなときに自治体側で助けてくれるサービスは、現状では整備されておりません。

そんなときも不用品回収サービスを依頼すれば、残された遺品を丁寧に整理して、お客様に必要か不要かを判断していただき、必要なものは残し、不要なものはまとめて回収処分するということができます。

自分たちだけでは、困難な遺品整理などの特殊なケースは、プロの経験が生きる分野です。

遺品整理サービスはここから

ゴミ屋敷になっている家や部屋も片付けできる

家のなかがたくさんのゴミであふれかえってしまっていたり、アパートなどの部屋にゴミと不用品がたまってしまっていたりと、どうしても個人では片付けができない状態までなってしまったケースもあると思います。そんなときも不用品回収サービスが力を発揮します。

とくに自治体の粗大ゴミだけでコツコツとゴミ屋敷の片付けをするのは、無理があることがほとんどなので、片付けのプロに依頼して、まとめて不用品を回収処分してもらうのが一番の解決方法だと思います。大変な片付け作業を全部任せることができるし、経験を積んだプロがやってくるため、それほど時間もかからずにゴミ屋敷やゴミ部屋を片付けることができます。

ゴミ屋敷片付けの詳細はここから

不用品回収業者に依頼するデメリットとは

いままでメリットを紹介してきましたが、やはりデメリットもありますので、紹介させていただきます。

不用品の処分にお金がかかる

どうしても民間のサービスになるため、自治体の粗大ゴミの回収と比べると回収料金は高額になってしまいます。なので、とにかくお金をかけたくなく、最安値で不用品を処分したいという場合は、ご自身の力で自治体の粗大ゴミに出したり、ゴミ処理施設に持ち込んだりということになるでしょう。その分手間がかかりますが、お金はかかりません。

買取り可能なものを買い取ってもらった場合などは、お得になることもありますが、買取りが不可能な場合は、どうしても処分料金が発生してしまいます。スケジュールを自分の都合で決められたり、家まで回収にきてくれたりのサービスに支払う分がどうしても値段に反映されます。

悪質な業者に騙されてしまう危険がある

同業として情けなく思っていますが、不用品回収業者には悪質な業者が存在します。

  • 回収した不用品を不法投棄した
  • 完全無料といわれたのに、作業が終わったあとに高額な料金を請求された
  • 買取可能といって回収したあとになってから、処分料金を請求された

以上のようなトラブルが起こっていることがあります。不法投棄されると、その業者に依頼した人まで罪に問われることもあるので、このような業者は利用しないようにしましょう。

悪質な業者の見分け方

だいたい以下のようなことに気をつけるといいです。

  • 安すぎる業者を信用しない。民間サービスなので、利益がないとやっていけない商売です。どんなものでも無料回収するといっている業者はまず疑いましょう。
  • 業者の実体がきちんとしているかどうかホームページの有無やきちんとした電話番号があり、携帯番号だけでないかなどを確認するようにしましょう。
  • 作業前に見積りをきちんとしてもらい、料金を事前に合意してから作業に入ってもらうようにしましょう。優良な不用品回収業者は、とりあえず作業に入ることは絶対にありません。

メリット・デメリットを踏まえて、どんなときに不用品回収を依頼すればお得か

最後にまとめとして、これまで紹介したメリットとデメリットをふまえてどんなときに不用品回収業者に依頼すればお得なのかをまとめました。

不用品の処分期日が迫っている場合

引っ越しが迫っているなど、不用品を早急に処分する必要がある場合は、自治体の粗大ゴミ回収などでは、対応できないことが多いので、不用品回収サービスに依頼して急ぎで回収してもらうとよいでしょう。

不用品が大量にあったり、大きすぎて家から搬出が難しい場合

不用品が大量にあったり、大型のベッドやタンスで家から粗大ゴミの回収場所までもっていくのが大変な場合も不用品回収業者に依頼するのがオススメです。自分たちだけで家から搬出していくのはとても大変なので、その分で無駄にする時間や労力を買ったと考えれば、結果的にお得になる場合もありますね。

リサイクル家電、パソコン、粗大ゴミが混在している場合

リサイクル家電(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など)やパソコンは自治体では回収してくれないので、それらと家具やその他の家電などをまとめて処分したい場合は、手続きが複数必要になりめんどくさいです。そんなときも不用品回収業者に依頼すれば1回で終わるため、手軽に不用品を処分することができます。

まだ新しい、状態のよい家電や家具、ブランド家具などが不要な場合

発売からそれほど経っていない家電品で状態のよいものやブランド家具などは買い取りが可能な場合が多いです。それらも自治体の粗大ゴミで出してしまうよりは、不用品回収業者に買取りが可能であるかを確認してもらうほうがいいです。買い取ってもらえた場合は、その分だけ得することになります。