古賀市にお住まいの方で、ベッドやタンス、学習机、ソファーなどの大型家具や家電品が不要になって、粗大ごみとして処分・回収してもらいたいけれども、どのような手続きをすればよいのかがわからないという方もいらっしゃると思います。

このページでは古賀市での粗大ごみ収集の申し込み先や申し込み方法、必要となる料金などを紹介します。粗大ごみの出し方には、申し込み後に収集にきてもらう方法や自分で受付センターへ持ち込む方法、民間のごみ収集業者に依頼する方法などがあります。

古賀市在住の方の参考になればと思います。ぜひ読んでいってください。

古賀市で粗大ごみとして出さないといけないもの

粗大ごみで出さないといけないものは以下のものとなっています。これらのものは分別収集では収集されませんので、注意が必要です。

  • 1.家具、大型木製品、大型プラスチック製品、カーペット、ふとん、ソファー、マット、ビニールとたん、畳など
  • 2.自転車、ゴルフセット、スキー板セット、旅行トランク、スノーボード、水槽、オルガン、トレーニング・健康機器、石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスコンロなど
  • 3.「40cm×30cm×30cm」のサイズを超える電化製品
  • 4.出すときの大きさが100cm×25cm×15cmを超えるカーテンレール、波板、とたん、物干し竿等の不燃ごみ
  • 5.木材や生木(直径20cm×長さ100cm以下)
  • 6.市の指定ごみ袋に入らない可燃性大型ごみ

リサイクル家電には注意

家電リサイクル法の対象家電であるテレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンについては、家電リサイクル法によって処分について定められているため、リサイクル料金と運搬料を支払って、基本的には購入した家電販売店やメーカーなどに引き取ってもらうことになります。

古賀市でのテレビ、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫、エアコンなどのリサイクル家電の処分方法についてはこちらの記事で解説しています。

古賀市 粗大ごみの処分・回収方法 3選

古賀市の粗大ごみの処分・回収方法には、大きく次の三つの方法があります。

  • 自治体(古賀市)に粗大ごみとして回収を依頼する
  • 自分で処理施設に持ち込む
  • 民間の回収業者に回収を依頼する

それでは一つずつ見ていきましょう。

古賀市に粗大ごみとして回収してもらう方法

1 電話で粗大ごみの収集業者に申込みをする

粗大ごみの収集業者に電話で申込みをします。このときに粗大ごみの内容、個数を電話で確認し、収集業者が受付番号と粗大ごみの収集日、出す場所を指定します。

申込みをする収集業者

住んでいる地域(行政区) 申込先の業者 受付時間
下記以外の行政区 (株)古賀環美サービスセンター
電話:092-942-4277
(粗大ごみ受付専用)
月曜日〜金曜日
9時00分〜16時00分
(祝日等の休業日を除く)
花見南区、花見東(1・2区)

北花見区、中川区の一部(国道495号線から海側)

コスモス環境(株)
電話:092-942-3302

申込みは住んでいる地域によって異なりますので、該当する業者に申し込みます。

2 古賀市粗大ごみ処理シールを購入します

粗大ごみの処理には、粗大ごみ処理シールが必要です。古賀市内の古賀市指定ごみ袋の販売店で購入できます(1枚514円)。

粗大ごみ処理シールには、受付番号または氏名と収集日を記入し、粗大ごみの見えやすい場所に貼り付けます。貼り付けが難しい場合には、粗大ごみ処理シールの穴にひもを通して粗大ごみに結びつけます。

3 回収日に指定された場所に出します

粗大ごみ処理シールを粗大ごみに貼り、収集日の朝7までに、指定された場所に出しておきます。

粗大ごみ処理シールが貼られていない粗大ごみや申込みと違う内容の物が出されている場合などは収集してもらえないので注意しましょう。

4 粗大ごみが回収されます

粗大ごみは収集業者に回収されます。立ち会いの必要はありません

古賀市に粗大ごみとして回収してもらう方法のメリットとデメリット

メリットとしては、「処分費用が安く済むことが多い」ことや「回収されたものが違法投棄されたりすることがない」ことなどです。

デメリットとしては、「回収日時の融通が利かないことがほとんど」「日程が差し迫っているときでもすぐには処分できない」「リサイクル可能なものでも買い取ってはくれない」「回収場所まで持っていくのが大変(家から出すのを含めて)」、「家電リサイクル法の対象家電は回収してくれない」、「手続きが面倒」などがあるでしょう。

古賀市の処理施設に粗大ごみを持ち込む

古賀市では事前に申込みをしたうえで、ごみを自分で処理施設に搬入して処分してもらうことができます。

古賀清掃工場

住所が確認できるもの(免許証など)が必要です。

受付場所 古賀清掃工場
古賀市筵内1970番地1 電話:092-942-1530
受付日時 月曜日〜土曜日の13時00分〜16時30分(日曜、祝日、年末年始の休業日は除く)
料金 10キロを1単位とし、10キロごとに140円
搬入場所 古賀清掃工場
搬入できるもの 古賀市内の家庭から発生する可燃物、不燃物(びん、缶、ガラス、金物、粗大ごみ)
※可燃物と不燃物は降ろす場所が異なりますので、事前に分けておくことをお勧めします。
搬入できないもの 陶磁器、家電リサイクル対象品目、パソコン、産業廃棄物、市の収集には出せないものは搬入できません。

家庭から発生するコンクリート、瓦、タイル、陶器類、土砂、ガレキ(石膏ボードは搬入できません)などは古賀市不燃物埋立地に持ち込みをします。まず、市役所環境課にて搬入物の確認と許可書の発行してもらわないといけないので、搬入前に住所が確認できるもの(免許証など)を持って市役所に行きましょう。

古賀市の処理施設に粗大ごみを持ち込む方法のメリット・デメリット

メリットとしては、「回収料金が安くあがる」、「自治体の収集と比べて早急に処分できる」ことが大きいでしょう。

デメリットは、「処理施設まで持っていくのがとても大変」、「身近な処理施設では粗大ごみは持ち込めない場合がある」、「手続きが面倒」などがあるでしょう。

民間の回収業者に依頼する

私たち福岡片付け隊のような民間の回収処分業者に依頼する方法です。業者により、サービスや料金、受付時間が異なります。自分の希望するサービスを受けられて、回収日時も融通が利き、面倒な搬出作業などもいらないというのが大きなメリットです。

デメリットとしては、古賀市の粗大ごみとして回収してもらうよりはお金はかかってしまうということでしょう。しかし、買取り可能なものだった場合は、思いもがけない収入になることもありますね。

また、自治体では回収することができないテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電リサイクル法の対象家電についても、粗大ごみとまとめて回収することができますし、他に処分したい不用品がある場合も全部まとめて回収してくれるのが民間の回収業者に依頼するメリットの一つですね。

古賀市の粗大ごみの処分・回収は「福岡片付け隊」にお任せ

福岡片付け隊では多数の品目を無料回収しております。
通常、他社では回収に料金が発生する物も、無料回収できたりするので、お得に不用品回収したい方にとってもおすすめです。

また、古賀市内で家電リサイクル法で処分が必要な物や、廃品回収処分するような物など、回収に料金が必要な物でも、格安回収しておりますので(積み放題パックごは何でも回収します)(家電リサイクル法を遵守してます)片付け隊リサイクルショップでリサイクルさせて頂いていますので、ご安心してご利用下さい。

不用品の量が多い場合はお得な積み放題パックを是非ご利用下さい料金表

福岡片付け隊の強み

  • 同業他社には安さで負けません!!相見積もりも大歓迎です。
  • お見積後の料金追加はいっさいありません。
  • 電話は女性スタッフが丁寧に真心を込めて行います。
  • 仕事は迅速・丁寧に!!ゴミ屋敷も数時間でキレイさっぱり片付けます
  • 年間実績2,900件以上に裏付けされたたしかな経験があります。
  • 自社経営のリサイクルショップがあるため、買取りできるものは高く買い取ります。
  • たくさんのトラックで運営しているため、スケジュールの調整が効きやすいです。最短で即日も可能です。

ご相談・お見積などお気軽にお問い合わせください。まずは無料相談!電話番号:092-962-3322。女性スタッフが丁寧に対応します

古賀市の粗大ごみの処分・回収方法 まとめ

お金がたしょうかかっても大丈夫ということであれば、民間の回収業者に依頼するのがなんといっても楽なのでオススメです。また、処分したいものが買取りできそうな場合も回収業者に買い取ってもらうことができるので、まずは回収業者に相談するとよいでしょう。できれば私たち「福岡片付け隊」までお電話くださいね。

できるだけ安く処分したいという場合は、古賀市に収集してもらうことになったり、処理施設に持ち込むことになりますが、手続きは以外と面倒なのできちんと確認しておきましょう。

さらに自治体での収集の場合は、回収までに時間がかかることも多いですので、余裕をもって予約するようにしましょうね。