不用品回収と廃品回収の違い | 無料廃品回収の落とし穴

不用品回収イメージ

  • 不用品回収
  • 廃品回収

どちらも、”要らない物を引き取ってもらう”という意味で、広く認知されている言葉です。

ただ、業者間でも混同されていることがあるのですが、実は不用品回収と廃品回収は少しだけ意味が異なるのです。

 

今回の記事では不用品回収と廃品回収の微妙な意味の違い、そしてよく見かける”無料廃品回収”の落とし穴について、お伝えしていきます。

環境省は不用品回収と廃品回収を同一視している

不用品回収と廃品回収の区別に、法的なものは関係しておらず、環境省では不用品回収と廃品回収を同一視しています。

極端な話、行う作業が全く同じでも、「うちは不用品回収業者です!」と言うと不用品回収を行う業者になり、「うちは廃品回収業者です!」と言うと廃品回収を行う業者になるということです。

 

だったら、「何も不用品回収と廃品回収の違いが分からなくてもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、これら2つの違いを何となくでも理解しておけば、”持って行ってもらえると思った物を、持って行ってもらえない”というトラブルが起こりにくくなります。

 

それでは以下で、不用品回収と廃品回収の定義のどこに違いがあるのかについて、簡単に説明しましょう。

不用品回収業者と廃品回収業者の違い

不用品回収業者のイメージ

簡単に言うと、不用品回収業者と廃品回収業者には、次のような違いがあります。

 

  • 廃品回収業者はリサイクル可能な物を中心に回収を行う
  • 不用品回収業者はリサイクル可能な物を含めた回収を行う

以下の項目で、それぞれの回収方法の違いについて、さらに詳しく見ていきましょう。

廃品回収業者はリサイクル可能な物を中心に回収を行う

廃品回収とは、リサイクル可能なものを中心とした回収のことを指します。

リサイクル可能なものとは、例えば新聞紙や段ボール、カン・ビン、故障していない家電などです。

 

つまり定義は難しいものの、”売ってお金になる何か”を廃品回収の対象にしている業者が多いです。

廃品回収のみに力を入れている業者の場合は、リサイクルできない品目の回収を断られるケースがあります

 

その場合、その廃品回収業者とは別の回収業者を手配しなくてはいけなくなる(もしくは、別の処分方法を考える必要がある)ので、二度手間で余計な費用がかかってしまうことがネックです。

不用品回収業者はリサイクル可能な物を含めた回収を行う

不用品回収とは、リサイクル可能な物を含めた、回収作業全般のことを指します。

売った時にお金になるか・ならないかは、あまり問題ではなく、“その人の要らない物をすべて引き取る”ことが目的です。

 

もちろん、不用品回収業者であっても引き取ることができない物は多々あります(※1)が、リサイクル可能品目に的を絞った廃品回収専門業者よりは、引き取ってもらえる物の種類が多いと言えます。

 

また、お金にならない不用品の中に紛れて、買取可能な物があれば、買い取ってもらえます。廃品回収の要素を備えているということですね。

 

※1 不用品回収業者でも回収できない品目の例

 

  • 産業廃棄物
  • 生ごみ
  • ビニールごみ
  • 液体
  • 危険物
  • 医療機器  ……etc

本当にお得?無料廃品回収に潜む落とし穴

落とし穴

さて、廃品回収業者というと、“トラックが「無料廃品回収します」と宣伝をしながら走っている”というイメージを持たれている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「無料で廃品を持って行ってもらえるなんてお得!」と思うかもしれませんが、本当に全ての廃品が無料で回収されていくなら、行政の有料粗大ゴミ回収や、有料の不用品回収が成り立たなくなってしまいます。

 

もちろん回収を希望している物を、本当に無料で持って行ってくれるケースもありますが、そうでないケースがあることも念頭に置いておいた方がいいです。

 

例えば、「小型家電を無料回収!」と宣伝していても、実際は無料で回収できる家電のハードルが高かったりします。(使用年数がとても浅い、少しの不具合もない等)

 

また、回収料金が無料なだけであって、出張料金や作業料金が別途必要になることも、よくあります。

要は、”本当に無料とは限らない”ので、とにかく0円だと思って期待していると、後でガッカリするハメになるかもしれません。

無料廃品回収でよくあるトラブル

  • 回収を済ませた”後”で法外な費用を請求する
  • 回収を依頼していない物を勝手に持って行く
  • 回収した物を不法投棄する

 

一般の方を騙して利益を得ようとする悪徳業者の場合、最初のハードルを下げるために”無料”を強くアピールすることがあります。

そのような業者に依頼すると、上記のようなトラブルに巻き込まれがちです。

 

あまりにもうまい話を持ってくる、あるいは強引に回収を進めようとする廃品業者には、十分注意しましょう。

 

<関連記事>

⇒ 不用品回収でよくある4つのトラブルとその回避方法

まとめ ~福岡の不用品回収は福岡片付け隊にお任せ!~

福岡の地図

以上、不用品回収と廃品回収の微妙な違い、そして無料廃品回収によくある誤解・トラブルについてのお話でした。

 

福岡県で活躍する当社「福岡片付け隊」は、この記事の中で述べたことを基準にすると、廃品回収の専門業者ではなく、不用品回収を行う業者ということになります。

 

  • 無料で回収できる物は、無料で回収
  • 買取できる物は、買取
  • 有料の物は、できるだけ安く回収

適切な見積りで、きちんと判断をさせていただきますので、安心して作業をお任せください!

 

福岡で不用品を回収するなら「福岡片付け隊」まで!