福岡でリサイクル法により処分費用がかかる冷蔵庫も年式により無料回収可能。費用がかからない処分方法を提案

冷蔵庫どうやって処分するの?

冷蔵庫を処分したいと考えたとき、処分方法はリサイクル法で定められているため、リサイクル券を購入して、指定場所もって行くか、所定の費用を支払って業者に引き取ってもらうことが必要です。新しく購入した家電量販店や自治体などでリサイクル券を販売していますから、それを購入することで引き取りを依頼することになります。新しい冷蔵庫を搬入するときに、同時に古いものを搬出してもらうという方法は一般的です。使わなくなったものが倉庫に置いていたものの邪魔になったことから処分をしたいと考えることがあります。その際にも廃棄物として扱われるため、やはりリサイクル券を購入して引き取ってもらうことになります。

自分で冷蔵庫を解体して、処分する考え方

古くなったり壊れたものは再利用ができないものが多いので、完全に解体されて廃棄となります。ただ解体するときに冷蔵庫に含まれているフロンガスなど空中にまき散らしてしまうと、環境破壊につながるような有害なものが含まれています。仕組みを把握せずに勝手に分解したり、不法投棄をしてしまうことで環境に影響を与えてしまうことから、リサイクル法が定められました。それによって冷蔵庫を処分するときは必ず指定の費用を支払うことが義務付けられるようになり、勝手に解体をしたり不法投棄をすると法律で罰せられることになります。

不用品業者に頼む

業者に引き取ってもらえば、しっかりとした手順で冷蔵庫を解体してくれるので、フロンガスなどが外に排出される心配はありません。ただ、できるだけ費用をかけずに処分をしたいと考えるのは当然で、そんな時は福岡にある無料回収を行っている業者に相談してみることをおすすめします。福岡片付け隊は、年式により無料回収可能にしているところがあります。ただ年式によって無料回収をしてくれるものの、該当しない年式の場合は無料では回収してくれませんから注意が必要です。

有料であっても、リサイクル法によって定められた料金よりも、処分費用が安いことが多いので、まずは問い合わせをしてみると良いでしょう。年式が新しいもので壊れていたり汚れが少ないものであれな、買取りをしてもらえることもあります。処分費用がかからないだけでなく、買取りしてもらうことでお金を受け取ることができるのはとても嬉しいことだといえます。

リサイクル券を買って、自分で処分?

福岡市リサイクル券重くて嵩張るものですから、処分をしたくても自分1人では持ち運ぶのが大変です。リサイクル券を買って、トラックをレンタルして、家族や友達に手伝ってもらっても気を遣うし、金額はそんなに変わらないし、時間は掛かるし、疲れると思います。業者に依頼をすれば、自宅から搬出してもらうことができるので手間は一切かかりません。買取りをしてもらえるものは、日本国内で再販売されるだけでなく、海外へ運ばれる場合もあります。海外では日本製のものは壊れにくく性質が良いことから、中古品であっても高い人気を誇っています。少しくらい故障をしていても、部品交換で簡単に修理ができるのであれば買取りをしてもらえることもあります。再利用ができるものは需要が高いくなるので、年式によっては無料回収ではなく買取りが可能な場合もあるので駄目元でいいので依頼してみましょう。年式だけでなく、メーカーや大きさ、色なども買取り価格に影響がでるので、まずは無料で査定をしてもらうことが大事です。

  • 冷蔵庫(170L以下)リサイクル料金
3,672円
  • 冷蔵庫(171L以上)リサイクル料金
4,644円

「福岡片付け隊、不用品回収課まで」一度お電話でご相談ください!

📞092-962-3322

査定をしてもらうときは、実際に冷蔵庫の状態を見て確認することが必要なので、福岡片付け隊が出張して自宅まで行きます。出張費は無料ですので、自分に都合の良い時間に合わせてきてもらうとよいでしょう。査定価格に納得したら、売却手続きを進めることになりますが、納得できない場合は断っても何の問題もありません。リサイクル法に従って不法投棄をすることは絶対にダメなことですが、引き取られたものはほぼ廃棄処分になってしまいます。それならば再利用をする道を模索している業者に依頼したほうが、環境にも優しいですし、別の誰かに使ってもらえるほうが良いといえます。

「福岡片付け隊」回収・処分・買取出来る不用品回収一覧

福岡軽トラック積み放題」「福岡2トントラック積み放題

24時間無料お問い合わせ